• 新規会員登録
  • 会員様ログイン
  • お問合せ
  • 送料
  • 送料
  • 出荷
  • カード決済

生パスタ販売中!アンチョビ、ペーストジェノベーゼ、9月中旬~下旬入荷します

 

JMM1

ジャン=ミッシェル・モルトローについて

世界でいちばんやさしいショコラの文字とスプーンとチョコレートの写真

わが家は、いつもオーガニックとの出会いに満ちていました。家族はオーガニック農家で、食卓は農園由来の野菜やパン、チーズであふれていたのです。
母は料理上手で、私が世界で最も美味しいと思うショコラケーキは、彼女の手作り。
私はオーガニックに囲まれ、ショコラ好きになるべくしてなったのだと思います。
オーガニック・ショコラで大切なのは、複雑にしすぎず素材本来の味を際立たせ、後味も、やさしく消えてまた食べたくなる味わいに仕上げること。
それは、カカオの香りをまとう風がすっと吹き抜けるような、軽やかな余韻です。
日本の皆様にも、オーガニックのやさしさ、素晴らしさが伝わるよう、これからも自然の息吹に満ちた作品を贈り続けていきます。

オーガニックショコラティエ


生い立ち
オーガニック人生


1964年、フランス中西部アンジー生まれ。二代にわたるオーガニック農家のもと、幼少時からオーガニックの恵みに囲まれて育ち、オーガニックの味わいを体に刻み込みました。彼は自分のために祖父が作ってくれる“おじいちゃんのパン”が大好きでした。 青年になった彼は、母の作るオーガニック料理以外に本当に食べたい料理を出してくれるレストランがなかったため、シェフスクールに通い、2000年、妻のヴァレリーとともにオーガニックレストランを開店。食の大国フランスでも、最も早くオーガニック認証「ABマーク」を取得したレストランをはじめた一人とされています。

やがて、自家製のオーガニック・ショコラをサーブしていたところ、人々の評判が広まり、瞬く間に現地のオーガニックショップで販売されることに。その後もファンは増え続け、ショコラティエとして専念。2005年には自身のブランド「サヴール・エ・ナチュア」を設立。現在では、国境を越えて品質が認められ、チョコレート王国ベルギー、スイスなどの、食に関心の高い方々に愛されています。今も彼は、ショコラティエとして伝統と革新を極めるため日々挑戦し続けています。





ジャン=ミッシェル・モルトロー、こだわりの原料(カカオ豆、カカオバター)

カカオ見出しバナー画像

カカオの写真とコメント文



原産地別カカオの特徴と書かれたタイトルバナー

カカオ地図画像



■ハイチ産

ハイチ産テイスティングチャート画像
やさしいボディに力強い酸味が広がります。
シンプルな木の香りにシナモンの甘い味わい。
Taste note 〈木〉〈オリーブ〉

■エクアドル産

エクアドル産テイスティングチャート画像
芳醇な深みとコクを味わえるカカオ。
ほのかなコーヒーの香りに大地のアクセント。
Taste note 〈タバコ〉〈きのこ〉

■ペルー産

ペルー産テイスティングチャート画像
柑橘系のフルーツの香りがほのかに広がります。
苦味が少ないので、カカオをふんだんに楽しめるダークショコラに最適。ガナッシュと好相性。
Taste note 〈バター〉〈ミルク〉

■ドミニカ共和国産

ドミニカ共和国産テイスティングチャート画像
焙煎による香ばしい酸味と、黒い大地の香りやきのこの風味。
カカオ本来の力強さを感じます。
Taste note 〈コーヒー〉〈バター〉

■タンザニア産

タンザニア産テイスティングチャート画像
軽い酸味に続く苦味が心地良いカカオ。
繊細なリコリスや赤いフルーツを思わせる、やわらかなアロマが広がります。キャラメルと好相性。
Taste note 〈バニラ〉〈ハチミツ〉

■マダガスカル産

マダガスカル産テイスティングチャート画像
ベリーの香りと檸檬のような爽やかな酸味。
口当たりが軽く、苦みは殆どありません。
Taste note 〈シトラス〈花〉



最高級のクリオロ種やアリバ・ナシオナル種など世界6か国から希少品種を集めてと書かれたバナー画像


カカオと一口に言っても、コーヒーが産地によって味が異なるように、カカオにも産地による特徴があります。カカオ豆が本来持つ風味や味わいを最大限に活かすためにオーガニック栽培のもののみを使用しています。その中でも上質なアロマと味わいを生むオーガニックカカオ豆や品種を厳選しています。


消える口どけ。カカオバターをしっかりふんだんにと書かれたバナー画像


ショコラの味わいを左右する重要なもう一つの要素が、カカオ豆から生まれるカカオバターです。ジャン=ミッシェル・モルトローでは、純正カカオバターをたっぷりと使用し、その他の風味を損なう人工的な乳化剤や代用油脂などは一切使用しません。そのため、味わいに豊かな丸みがありながら、驚くほどすっと口にとけ、軽やかな後味がお楽しみいただけます。

ジャン=ミッシェル・モルトロー、こだわりの原料(塩、ナッツ)

フルールドセルとナッツと書かれた見出し画像


シチリア産とフルールドセルの紹介コメント




美しい大西洋に囲まれたフランス・ブルターニュ地方、ゲランド一帯は野鳥たちが群れ集う自然の宝庫です。
この地のゲランド塩田で、太陽と風の力のみでゆっくりと結晶化させた「一番塩」は、水面に最初に浮かぶ塩の結晶を丁寧に手作業で収穫したもの。
スミレの香りがすることから、“フルール・ド・セル(塩の花)”と呼ばれる希少な塩です。

1000年以上もの長きにわたり伝統的な手法で作られるこの天然塩は、粉砕や洗浄が一切行われず、また塩自体に旨みとミネラルを含んでいるため、素材の味を存分に際立たせます。





ナッツ類はすべて、地中海に愛でられたシチリア産のみ使用。

アーモンドは、アグリジェント地区の上質でフレッシュなものを厳選。
ショコラの風味を邪魔しないよう、繊細なローストに仕上げています。

フレッシュヘーゼルナッツは、重要な自然遺産や渓谷を擁するネブロディ山産で、豊かな環境が生む香りは特筆ものです。

「緑のダイヤモンド」と評されるのが、エトナ山西麓ブロンテ産のピスタチオ。
ミネラル豊富な火山岩の地で育ったピスタチオは最高品質として知られ、世界のパティシエたちがこぞって使う希少な逸品。
ペーストを使ったプラリネでもその鮮やかな色と風味が存分に活きています。




新規会員登録 レシピ オリーブオイルソムリエ メディア掲載情報 イタリア展 フランス展 業務用

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

定休日は土日祝となります。(年末年始、夏季休暇など除く)

ページトップへ