• 新規会員登録
  • 会員様ログイン
  • お問合せ
  • 送料
  • 送料
  • 出荷
  • カード決済
 

オイルとバルサミコ共通レシピ

鰤の照り焼きバルサミコソース

鰤の照り焼きバルサミコソースの料理写真バルサミコをプラスするだけで
洋風の照り焼きに
「鰤の照り焼きバルサミコソース」


材料:(2人分)
○鰤:2切
○塩・胡椒
○小麦粉
有機JAS認証エキストラバージンオリーブオイル
○照り焼きのタレ(みりん:大匙1、醤油:小匙1、はちみつ:小匙1、有機JAS認証バルサミコ:大匙4)
○旬の青菜
○ピンクペッパー


鰤を合わせタレに漬け込んでいる調理過程写真
1.鰤に塩をし15分くらいおいて水気を取り、胡椒をする。合わせたタレ(半量)に漬け込む。
鰤をフライパンで焼いている調理工程写真
2.鰤を小麦粉ではたき、オリーブオイルをひいたフライパンで焼き、両面焼き目がついたら残りのタレを加えて煮詰める。

3.皿に盛り付け、茹でて絞った青菜を添え、ピンクペッパーをちらして飾り付ける。

ベビーリーフとオレンジ、生ハムのサラダ

ベビーリーフとオレンジ、生ハムのサラダの料理写真柑橘と“黄金比率ドレッシング”の香り爽やか
「ベビーリーフとオレンジ、
生ハムのサラダ」


材料:(4人分)
○お好みのベビーリーフ:2パック
○ルッコラ:1パック
○オレンジ:1個(薄皮を剥いでおく)
○生ハム:1パック
○黄金比率のドレッシング
・有機JAS認証エキストラバージンオリーブオイル
・有機JAS認証ホワイトバルサミコ
※2:1の割合


手作りドレッシングの調理工程写真
1.エキストラバージンオリーブオイルとホワイトバルサミコを2:1の割合でよく混ぜ、ドレッシングを作る。
サラダに手作りドレッシングを和えている調理工程写真
2.オレンジと生ハム、ルッコラ、ベビーリーフを、いただく直前に1のドレッシングと和える。

真鯛とタコのカルパッチョ

真鯛とタコのカルパッチョの料理写真ホワイトバルサミコとオリーブオイル、
薬味の香りが絶妙なバランス
「真鯛とタコのカルパッチョ」


材料:(4人分)
○真鯛刺身:1冊
○タコ刺身:1本
○みょうが:1パック
○大葉:1パック
○リモーネ:大匙2

有機JAS認証エキストラバージンオリーブオイル
有機JAS認証ホワイトバルサミコ
※2:1の割合

○塩・胡椒
○トマト(角切り):少々


タコの刺身に塩コショウをふっている調理工程写真
1.刺身は薄くスライスし、お皿に張り付けるように並べ、塩・胡椒をふる。
タコの刺身にエキストラバージンオリーブオイルを馴染ませている調理工程写真
2.ホワイトバルサミコ、エキストラバージンオリーブオイルをかけ、ぺたぺたと味をなじませる。

3.千切りにしたみょうがと大葉を高く盛り付け、彩りにトマトで飾る。

魚介(鱈)のエスカベッシュカレー風味

いつもの南蛮漬けがおもてなし料理に
「魚介(鱈)のエスカベッシュ
~カレー風味~」


材料:(4人分)
○鱈:3切
○人参:1本 千切り
○玉ねぎ:1個 スライス
○セロリ:1本 千切り
○酢:1/2カップ
有機JAS認証ホワイトバルサミコ:1/4カップ
有機JAS認証エキストラバージンオリーブオイル:1カップ
○A(強力粉:大匙5、カレー粉:大匙5)
○塩・胡椒
○ディル


炒めた野菜にホワイトバルサミコ酢をかけている調理写真
1.人参、玉ねぎ、セロリをしんなりするまで炒めたら、塩・胡椒して、酢、ホワイトバルサミコ、エキストラバージンオリーブオイルを加え沸かす。
=
2.鱈は水気を取ったらそぎ切りにし、塩・胡椒する。
Aをまぶし、カリッと皮目から揚げ焼きしたら熱いうちに1に漬ける。

3.ディルを飾る。

旬彩マリネ(グレック)

旬彩マリネの料理写真エキストラバージンオイルでコクをプラス。
まろやかな酸味のマリネ
「旬彩マリネ(グレック)」


材料:(4人分)
○カリフラワー:1/3株
○玉ねぎ:2/3個 2cm角
○人参:1/2本 棒状
○赤・黄ピーマン:各1/3個 乱切
○にんにく:2片 薄い輪切り
有機JAS認証エキストラバージンオリーブオイル:1/2カップ
○マリネ液(白ワイン:1/4カップ、有機JAS認証ホワイトバルサミコ:大匙2弱、ローリエ:2枚、コリアンダー:大匙1/2、塩・胡椒:小匙1)


オリーブオイルで揚げた野菜にホワイトバルサミコ酢をかけている調理写真1.ピーマン以外の野菜をエキストラバージンオリーブオイルでさっと揚げ焼きする。

2.ピーマンとマリネ液を加え、蓋をして1分蒸す。

3.粗熱がとれたら保冷容器に入れ冷蔵庫で冷やす。

蕪のステーキ鶏レバーソースがけ

蕪のステーキ鶏レバーソースがけの料理写真野菜の甘み引き立つ
濃厚バルサミコ鶏レバーソース
「蕪のステーキ 鶏レバーソースがけ」


材料:(4人分)
○蕪:3~4個 (葉の部分は飾りに使用)
○鶏レバー:200g
○にんにく:1片
○生姜:1片
○合わせ調味料(有機JAS認証バルサミコ酢:大匙1、砂糖:大匙1と1/2、醤油:大匙1、酒:大匙2、鶏ガラスープ:1/4カップ)
○クコの実:大匙1と1/2
○甜麺醤:大匙1
○水溶き片栗粉:小匙2
○有機JAS認証エキストラバージンオリーブオイル
○塩
○ゆずの皮


フライパンで蕪を焼いている調理写真
1.上下をカットし皮を剥いた蕪の両面を、エキストラバージンオリーブオイルで焼き目がつくまで焼き、塩をふる。(葉の部分も同様に焼いておき、仕上げに飾りとして添える)
フライパンで焼いている鶏レバーに特製たれをかけている調理写真
2.食べやすくカットしたレバーを油大匙1で焼き、にんにく、生姜を加え炒め、更に甜麺醤を加え炒める。合わせ調味料を全て加え煮詰めたら片栗粉でとろみをつける。

3.
1の蕪を皿に盛り付け、2をかけて、千切りにしたゆずの皮で飾る。

牛肉のタリアータ

牛肉のタリアータの料理レシピ写真イタリアンの定番料理
薄切り肉と新鮮野菜をたっぷり
「牛肉のタリアータ」


材料:(4人分)
○ステーキ肉:1枚(300g)
○塩・胡椒:
○有機JAS認証バルサミコ酢:大匙4
※おすすめ…5年以上熟成
○有機JAS認証エキストラバージンオリーブオイル:大匙3
○お好みの野菜
○パルミジャーノ・レッジャーノ


ステーキ肉にバルサミコ酢をかけている調理写真
1.ステーキ肉は室温に戻し焼く直前に塩・胡椒をする。熱したフライパンにオリーブオイル小匙2を引き、ステーキ肉を焼く。
裏返したらバルサミコ大匙1をからめるように焼く。
アルミホイルで包み保温する。
オリーブオイルとバルサミコ酢でソースを作っている調理写真
2.フライパンにエキストラバージンオリーブオイル、残りのバルサミコを入れ乳化させるように混ぜながら沸かす。

3.
肉を薄く切り、サラダと一緒に盛り付け2のソースをかける。パルミジャーノ・レッジャーノを削ったものをかける。

豆腐withバルサミコビネガー

バルサミコ酢をかけた豆腐の前菜料理写真ポリフェノールとイソフラボンたっぷり !
「豆腐 with バルサミコ」


材料:(4人分)
○豆腐: 一丁
○ミニトマト:3個

○有機JAS認証バルサミコ酢
○有機JAS認証エキストラバージンオリーブオイル
○醤油
※1:1:1の割合

○塩
○小ねぎ

作り方:
1.
お好みの豆腐をキッチンペーパーに包んで水切りする。

2.有機JAS認証エキストラバージンオリーブオイル有機JAS認証バルサミコ酢、醤油を1:1:1で混ぜ合わせたものに、塩少々を加え更に混ぜる。

3.1の豆腐に、切ったミニトマトを乗せ、2をかける。

ミニおにぎり

~色とりどりの洋風おにぎり~
「ミニおにぎり」

カラフルなおにぎりの正体は、緑はバジル、白はチーズ、赤は生ハム。
こんな可愛い洋風おにぎりが食卓に並べば、パーティも盛り上がりそうですね!
プチサイズなので、ぜひそれぞれの味を食べ比べてみてくださいね。





材料:

ご飯      
ウユニ塩
ゾットペラ EXVオリーブオイル
白胡椒

500g
適量
適量
適量
[緑のおにぎり]
ジェノベーゼ
松の実(ロースト)
ご飯

大さじ2杯
お好み
1/3量
[赤いおにぎり]
グリーンオリーブ(微塵)
生ハム
ご飯

お好み
5枚
1/3量
[白いおにぎり]
アンチョビ(微塵)
ペルリネ(粗刻み)
ミニトマト
イタリアンパセリ
ご飯

2枚
5粒
適量
適量
1/3量
[付け合せサラダ]
ベビーリーフ、
ゾットペラ 有機JAS認証エキストラバージンオリーブオイルバルサミコ・リゼルバ・ビオウユニ塩、白胡椒


作り方:
1 ご飯に塩、胡椒、オリーブオイルで下味をつけておきます。
2 緑のおにぎり:下味のついたご飯にジェノベーゼ、松の実を混ぜ、握ります。
   赤いおにぎり:下味のついたご飯にオリーブを混ぜ、握ります。ロンジーノで包みます。
   白いおにぎり:下味のついたご飯にアンチョビ、ペルリネを混ぜ、握ります。ミニトマト、イタリアンパセリを飾ります。
3 付け合せのサラダを作ります。サラダ用リーフをオリーブオイルで和え、バルサミコ、塩、胡椒で味を調えます。
4 器にミニおにぎりを盛り付け、サラダ、
新生姜のホワイトバルサミコ漬けを添えて出来上がり。

南瓜と帆立のオレンジソース

~まるでデザート?!~
「南瓜と帆立のオレンジソース」

デザートを思わせるようなオレンジとホワイトの色鮮やかなプレート。香り豊かなオリーブオイルとバルサミコ酢のソースが食材の味をより一層引き立てます。ホクホクの南瓜とグランマルニエで風味をつけた帆立の大人な味わいは、爽やかな白ワインにもぴったり!




材料:

南瓜小さいもの半分
帆立貝柱12個
有機JAS認証エキストラバージンオリーブオイル大さじ2
グランマニエ大さじ2
オレンジ1/2個
バルサミコ・ディ・モデナ・ビオ 5年熟成大さじ4
ウユニ塩少々
カトルエピス適宜

作り方:
1 南瓜は一口大に切り、ウユニ塩有機JAS認証エキストラバージンオリーブオイルをふりかけ蒸します。
2 帆立は塩胡椒し、グランマニエ、オレンジの皮、有機JAS認証エキストラバージンオリーブオイルを絡め蒸し煮にします。
3 鍋に蒸し汁、バルサミコ・ディ・モデナ・ビオ 5年熟成を入れ沸かし、軽く煮詰めて塩胡椒で味をととのえ、火からおろし
蒸し汁は半分くらいになるまで煮詰めておきます。
4 お皿に帆立と南瓜を盛り、ソースをかけカトルエピスを添えて出来上がり。



新規会員登録 レシピ オリーブオイルソムリエ メディア掲載情報 イタリア展 フランス展 業務用

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

定休日は土日祝となります。(年末年始、夏季休暇など除く)

ページトップへ