• 新規会員登録
  • 会員様ログイン
  • お問合せ
  • 送料
  • 送料
  • 出荷
  • カード決済
 

認証

フェアトレードにおける10原則

シナグロロゴ


フェアトレードにおける10原則

「フェアトレード(Fair Trade)」とは「公平・公正な貿易」を示します。
途上国の立場の弱い人びとの自立と生活環境の改善を目指し、
1989年に、WFTO(世界フェアトレード連盟:World Fair Trade Organization)を結成しました。
WFTOでは、各加盟団体がが順守すべき原則として下記10項目を定め、
基準を守り活動しているかを監視しています。


1. 経済的弱者である生産者に雇用機会を与える

小規模生産者が貧困や収入が不安定な状態から抜け出し、経済的な自立、
そして所有権を得られるようにします。
貿易を通した貧困削減の実現が、フェアトレードの大きな目的です。



2.事業の透明性と説明責任

各加盟団体は、経営や取引において透明性を保ち、すべての出資者に対して
説明義務があります。
また全ての人が適切な参加型の意思疎通できる関係を維持することで、
有効な情報が貿易相手や生産者すべてに提供されることを保証します。



3.公平な取引の実践

生産者の社会的、経済的そして環境における福利に配慮した貿易の達成が目的となります。
バイヤーと生産者は、フェアトレードの振興や成長の基となる連帯感、信頼性、
相互の思いやりに基づき長期的な取引を行います。
また双方による有効的なコミュニケーションを維持しながら、生産者の収入を増やすため、
貿易の規模そして製品の価値や多様性の拡大に努めます。



4.公正価格での取引

公正価格は、話し合いと参加を通して相互合意により設定されます。
設定された価格は、地域ごとの生産者本人で社会的に受け入れられ、
また対価における男女平等の方針を考慮にいれています。



5.児童労働および強制労働の排除

児童の権利に関する国連条約、および国内・地域法令を遵守し、
強制労働者が確実にいないように管理します。
また生産過程において子供の関与が確認された際、常に公表、そして監視をし、
こどもの幸せ、安全性、教育等に悪影響を与えないようにします。



6.差別のないこと、男女平等そして結社の自由への誓約

雇用や賃金、研修など労働環境において、民族、社会階級、国籍、宗教、障害、性別など
あらゆる面において差別を行いません。
男女平等を推進のための明確な事業方針と計画を持っており、特に女性の参加を推進します。
またすべての従業員が自身の判断で労働組合を結成し、加入、そして交渉をすることを認め、
職場での差別を受けないことを保証します。



7.安全・健康的な職場環境の提供

国内・地域法令、またILO(国際労働機関)条約で定められた条件に基づき、
就業時間や就業形態において、生産者の職場環境の安全・健康面を守ります。
また、生産者団体における健康や安全性についての意識の向上を継続的に行います。



8.生産者の能力強化

フェアトレードを通し、小規模生産者たちにプラスの影響や成長を与えられるよう努めます。
生産者の経営スキルや生産能力を向上させ、国内外の市場アクセスの拡大に貢献できるように
特定の仕事・活動の強化をサポートします。



9.フェアトレードの推進

フェアトレードを通し、小規模生産者たちにプラスの影響や成長を与えられるよう努めます。
生産者の経営スキルや生産能力を向上させ、国内外の市場アクセスの拡大に貢献できるように
特定の仕事・活動の強化を手助けします。



10.環境への配慮

できる限り生産地で採取できる持続可能に管理された原料を使用し、エネルギーの消費と
二酸化炭素の排出が少ない生産方法を心がけます。
農産物においては、できるだけ有機農法や減農薬など環境への負荷の低い方法を用います。
また、梱包の際は分解可能な材料をできる限り使用し、輸送にはできるだけ船便を使います。



シナグロロゴ

新規会員登録 メディア掲載情報 レシピ メディア掲載情報 頑張れ日本の生産者 イタリア展 フランス展 ギリシャ展 オーストラリア展 東アジア展

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

定休日は土日祝となります。(年末年始、夏季休暇など除く)

ページトップへ